結婚相談所結 スタッフブログ

お見合い・自分からどんどん話題は提供しましょう

お見合いでは、どんどん自分から話題は提供しましょう。

    

 

 

聞き役に徹する方が好かれると思っておられるかもしれませんが、実際には、自分からどんどん話題を提供するタイプの方が好かれるというデータもあるのです。

 

 

 

「自分から会話をスタートする」人ほど好かれることがあるそうです。

 

 

 

交際においては、受け身でなく、積極的な方がいいのではないでしょうか。

 

 

 

自分からどんどん話題を提供していく位の気持ちを持っていなければ、お付き合いはできないのではないかと思っています。

 

 

 

 

************************************************************

 

 

 

お見合い・会話の話題はできるだけ自分から提供しましょう

よく、「聞き上手が好かれる」と言われますが、できるだけ自分から提供したいものです。

 

相手任せにすると、自分にまったく興味がない話題に付き合わされることが多いからです。

 

 

自分に興味のある話題を出した方が、会話は楽しめるし、自分で楽しいと思っているのだから上機嫌になり、相手もそれにつられて笑みをこぼしてくれるとと、いいことずくめなのです。

 

 

自分から会話をスタートさせれば、自分で話題を選ぶ事ができ、会話を盛り上げていきやすい。

 

テンションもあげることができ、快活なイメージを出せるのです。

 

 

 

*************************************************************

 

 

 

お見合い・相手を選ぶときは「年齢差がある人」を!

人は、生理的に苦手な人と得意な人がいます。誰からも好かれるこは不可能です。

 

お見合いの相手選びの一つに「年齢差がある人」ということがあります。

 

年齢差が近いと、ちょっとしたことでケンカになりやすいですが、年齢差があるとケンカになりにくい。

 

年齢差があると、そもそもケンカにならないのです。

 

年齢に大きな差があれば、年齢が上の人にとっても、張り合うこともなく、可愛くて仕方がないのです。

 

わざわざ付き合いにくい同学年の人を選ばなくても、自分よりはるかに年齢の上の人を選んで大切にされる方がよくありませんか?

 

 

************************************************************

 

 

 

お見合い・交際上手になるには、相手を選ぶのを間違えないこと

交際上手になるには、相手を選ぶのを間違わないことが大切です。

 

自分があまりお喋りでないのなら、相手は落ち着いた感じの人を選びましょう。

 

また、お互いにあまり口をきかなくてもいいのなら、一緒にいて心地よい人が長く続くのではないでしょうか。

 

自分の苦手なタイプの人といても苦痛です。それなら、さっさと次の相手を選びましょう。

 

交際上手な人は、ちゃんと相手を選んでいるのです。決して誰にでも交際上手なのではなく、付き合いやすい人としか付き合っていないのです。

 

まずは、自分のタイプを自己分析し、無理のない相手を選ぶと良いのではないでしょうか。

 

お見合いを申込むときにも、大事な事ではないでしょうか!!

 

 

*************************************************************

 

 

お見合い、上手くいくには自分を好きになってくれそうなタイプに狙いを定めましょう

自分を好きになってくれそうなタイプに狙いを定めることは大切な事です。

 

ちょっと別の方向に目を向ければ好意を寄せている人はいる

のに、好きになる相手を間違えている場合があるのです。

 

お見合いの申込みはたくさんあるのに、自分の好みを優先し、会っても見ずにお断り!

 

自分を相手にしてくれない人を追いかけているという事があります。

 

それでいいのでしょうか?

 

相手にしてくれない人を追いかけるのではなく、自分に好意を寄せてくれる人と会ってみる、付き合う事がポイントです。

 

自分の趣味・嗜好にこだわっていては何時までも独身のままで、お相手、恋人すらできないという事になります。

 

自分に好意を寄せてくれる人がいるなら、会ってみる、付き合いをすればいいのです。もったいない話です。

 

 

*************************************************************