結婚相談所結 スタッフブログ

お見合い上手くいくポイント

お見合いが上手くいくためには、相手に対する希望が余り多いと「難しい人」というイメージができてしまいます。

 

仲人も勧める気力が弱くなる事があります。

 

その反対に「どんな人にでも会います」という人であれば、仲人はもともとの世話好きをいかんなく発揮し、張り切るのではないでしょうか。

 

仕事でも、勉強でもどんなことでも「やる気」見せることでお世話する方も「やる気」が出るものです。

 

ですから、「お見合いしようかどうしようか」と悩む前に、どんどん会ってみて下さい。

 

 

 

*****************************************************

 

 

 

お見合いが上手くいく・いかないのポイントは!

お見合いが上手くいくかどうかは、人の力を最大限に生かすことができるかどうかにかかっています。

 

まずは、周囲のできるだけ沢山の人に婚活をしていることをアピールする事。

 

積極的に動いた方がより多くのご縁とのめぐり合いがあり、結果も早く出せるのです。

 

そしてもう一つ大事なことは、周囲から勧められた人に素直な気持ちで会えるかどうかです。

 

勧められてもあくまでも自分の希望通りの人としかお見合いをしない、それ以外の人は「会っても無駄な時間を過ごすことになる」と思っている人は自ら出会いを遠ざけていることになります。

 

人は会ってみなくては分かりません。勧められたら、また申し込みがあったらとにかく会ってみましょう。それから判断してもいいのではないでしょうか。

 

 

*************************************************************

 

 

 

 

結婚相手に持つブランド

結婚相手にブランドを求める方もいらっしゃいます。

 

学歴のブランド

 

会社のブランド

 

職業のブランド

 

住んでる地域のブランド

 

といろいろあると思います。

 

例えばお医者さんに嫁ぎたいと思う方もおられるでしょう。

 

ですが、そもそもお医者さんそのものの数が少ないうえ、お医者さんの周りには看護師さんなどの仕事仲間がたくさんおられます。

 

そして、お金が沢山あって、かっこいい専用の車を乗り、エステなどに行けるように思われるるかもしれませんが、子どもが生まれると将来医者にしなくてはと頭がいっぱいになり、プレッシャーも大きいようです。

 

そのうえ、旦那様は責任の重い仕事をされ、日々勉強をしていかなくてはならず本当に忙しいようです。

 

その旦那様に安らぎを与え、心身共にサポートしていかなくてはなりません。相当の覚悟が必要かと思います。

 

ブランドを持つという事はそれなりに責任を背負うという事を忘れないでくださいね。

 

 

*************************************************************

 

 

 

 

自分の都合のよい時にいいご縁が来るわけではありません

忙しいとか、相手と家が離れているとか、旅行の予定が入っているとか言ってる間にどんどん他の人に持っていかれてしまいます。

 

結局「お見合いしたい時に相手なし」になってしまうのです。

 

自分の都合のよい時にいいご縁が来るとは限りません。

 

本当に忙しい時に、一度に3人からお見合いの申込みが来る。

 

風邪をひいて辛い時にお見合いが決まっている。

 

お見合いの日なのに大雨。

 

友達の付き合いで乗り気でなく行ったパーティー。

 

実はこんな時こそいいご縁が潜んでいたりします。そんな時ほど、何時も頑張っている人にご褒美があるのかも知れませんね。

 

 

*************************************************************

 

 

 

 

実は結婚できにくい世の中に

結婚に対する考え方は、昔とはずいぶん変わってきました。

 

世の中が多様化し、恋愛も自由。

 

自然に出会える環境は整っていますが、実はかえって相手に対する希望、要望がどんどん高くなり結婚できにくい世の中になっているのです。

 

結婚したいけど、結婚できない人がたくさんいるのです。

 

また、昔のように結婚相手のお世話をしてくれる人も減っているのです。

 

そうこうしている間に、年齢も40歳を超えていたりします。そうなるとお相手探しもそれだけ不利になると言わざるを得ません。そうならないために一日も早く行動に移しましょう。

 

 

*******************************************************